30代ニートのブログ | ひきこもりを脱出して自立するぞ!!

高齢ニートが日記を書いてます。もうすぐ無職へジョブチェンジ…

もちろん無能は歳食うだけで全ての条件が低下するよな。かといって国も社会も高齢者レベルまで歳食わないかぎり配慮も保護もしてくれないんだよな。

無職で何もせずに引きこもってるとさー、人間ってのは生きてるだけで歳を食うので自動的に能力も社会的価値も下がっていくってわけだからさー、焦燥感が止まらないよな。

30後半ぐらいになるとその思いが非常に強くなるよな。

若ければ若いほど経験値が低く弱く保護されるべきって発想が世の中にはあるが、それは一定の社会的地位の範囲内であってさー、あるラインを下回る人間は歳を重ねれば歳を重ねるほど弱くなる一方であってさ。これは高齢者とかじゃなくて30代ぐらいからそうなるわけであってさ。

だからそこらへんの属性こそ保護されるべきなんだよな。犯罪者や自殺者が一番多い世代性別属性が何なのかってのを考えてそこを保護しないと社会は不安定になるばかりだよ。

しかし世の中ってのは声の大きい上っ面だけの強い弱者ばかり社会は目が行くがな。

結局先進国であっても生きていくには、強者に這い上がるか声のデカい弱者になるかの2択しかないんだよな。